インスピレーション の最近のブログ記事

こんなん理想!イケア流SOHO

SOHOといえば、なんかカッコよく聞こえるんですが、私は普通に自宅で仕事してます。宿題やってるみたいなもんです。言葉の力ってすごいっていうか、「モノは言いよう」よね~。

さて、ウチはワンルームながら、リビング(兼)寝室(兼)ダイニング(兼)オフィス・・・な4空間なわけです。なんちゅー。
効率良く生活できるインテリアの工夫などには興味深々なのですが、今年のイケアのカタログのこのページは、かなり理想です!

20110727.jpg


え?女子っぽくない?
まあ、確かに。

でも、「倉庫っぽい」「アトリエっぽい」とか、どこか未完成な感じの空間の方が落ち着く私としては良いな~。
で、この部屋で非常に気になっているところが、手前の「布」みたいなもの、ベッド?!

そしてカタログにはこの写真の説明として、このテーブルが食卓としても使えますとあるので、それだと今の私の境遇と一致♪
ただ、私はベッドは使ってなくて、布団しいてますが。
こうしてまた、ベッド購入計画がムクムクと・・・。こんな雰囲気に仕上げれば、4空間併用でもステキかも!!

・・・そんなことより、広いとこに引っ越そうぜって考えないもんかねー(っとひとり突っ込み・笑)

応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

チュニジアの朝食

以前ここで紹介したブルータスの朝食特集から思い出したチュニジアの朝食。

ホテルなので一般的な「洋食」でチュニジア風なのかどうかはわからないけど旅先のホテルや旅館の朝食が好きです。
一日動き回る活力となるもの、身体が目覚めることになるもの。やはり、朝食を食べる行為ってとても幸せなんだなと思うのです。

コーヒーにパンに、ジャムとバター、時々ヨーグルトがついてくるみたいなシンプルなもの。こういう簡単なものが旅先だとすごくうれしかったりする♪ 朝ごはん、普段はないがしろにしがちなんだけどね。

20101124-003.jpg


朝ごはんはなるべく作って食べるようにしているんですが、和食にしようと思うとけっこう手数がかかりますよねー。
日本料理ほど3食とも火の通った料理を食べる習慣はなかなかないって聞きますが、どうなんでしょう?

でも確かにご飯とみそ汁と、おかず1品でも作れば、調理器具も食器も洗うのは各3種類。お茶でも入れたらお急須に湯呑も使用。作ること自体は手間かからなくてもやはり・・・。

昔行ったドイツも朝食はシンプルでパンとコーヒー、薄切りのハムとチーズ、エッグスタンドに乗ったゆで卵。民宿ばかりだったけどどこに泊まってもこの組み合わせだったっけ。調理はゆで卵だけじゃん(笑)。
その時にエッグスタンドの実用性に魅せられて、帰国後に買ったのですがなかなか生活に密着しなかったなあ。でも当時を思い出して、今ちょっとエッグスタンドが欲しいです(笑)。殻つきのままエッグスタンドで出てきて、スプーンで殻を割りながら中身をすくうように食べるという。

あと、ハムやチーズは日本と比較にならないくらい安いっすよねー。イタリアもそうだけど。文化の違いとはいえ、うらやましい・・・。
いや、日本人には納豆があるぜー。と思うものの、私はそんなに納豆好きじゃないっていう・・・。


応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

和室を洋風にアレンジ、イケア流

タイトルの通り。 実家近くの、新三郷のイケアのショールーム。 実物大の部屋を使ったまるごと家具コーディネートの展示が楽しいわけですが・・・。 インテリアに関心のある日本人なら誰でも一度は考えるでしょう、和室を洋風にアレンジした展示がありました。


20110713-2.jpg



ほおぉぉ・・・。


20110713-3.jpg


別の角度から


20110713-1.jpg


間取りはこんな感じだそうです。

洋風に使うというとフローリングカーペットをわざわざ敷いてしまったり、絨毯しきつめたり、って大がかりなものを想像しがちだけど、これは畳のままなんだわ。
この場合、カーテンと和室の作り(畳や鴨居の木の色)が合っているのがいいのかも。無地でもいいでしょうが今ひとつ面白みがなくなるかな。さすがです。

ただ、奥の棚を使った間仕切り、実際に置いてあったらどうなんだろう・・・。6畳だもんなあ、暮らしているうちに狭く感じてこないかなあ。
狭い部屋にとって、こうやってエリアを仕切るっていうのはハードルが高いですよね。「高さの低い家具で広々見せる」っていうほうが、簡単ですから。

和室を洋風に。。というよりかは、空間について考えさせられる展示でした!
応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

ブルータスの朝ごはん特集

すでにバックナンバーですが、先月私がマッサージ屋さんに行った、施術が終わったあとにお茶を飲めるのですが、そこに置いてあったブルータス。朝食特集がとても気になりました。買おうと思って翌日書店に行ったら、すでに次の号が。。マッサージ屋に行ったのは6月14日だったんですね。惜しい!

でも、AMAZONは便利です。バックナンバーでもすぐ買えます。(BRUTUS (ブルータス) 2011年 6/15号 [雑誌]

20110706-1.jpg

著名人の朝食を公開してたり。田原総一郎さんは20年間変わらず定番を食べてるとか。

20110706-2.jpg

京都の喫茶店のモーニングを特集してたり。このジャムトーストにゆで卵、コーヒーというのがたまりません!
昭和の香り・・・?ってか、私が食べてきた朝食とはなじみのないものだけど、こういう簡単なモノっていいなあって。当たり前にあるもの。あ、和食でもそうだけどね。

20110706-3.jpg
韓国の朝ごはんも。朝からキムチきたーって(笑)。ずっと昔にソウルに行った時、街の食堂でこういうメニューだったなあ。あえてホテルの朝食じゃないのを食べようって出かけて。

20110706-4.jpg
アメリカ。アメリカには実は一度も行ったことないんですけど、子供の頃に家にあった雑誌「暮らしの手帖」で、アメリカの朝食特集というのがあって、その印象がいまだに強い。もちろん、パンケーキの(笑)。今はパンケーキがどんなものかわかるけど、あの当時、「ホットケーキ」はあったけど、「パンケーキ」ってなんぞや、「クレープ」とも違うのか??ってものすごい興味深々だった。

朝食って、食事の中でもすごく「暮らし」が現れるものだと思います。
朝ごはんをちゃんと食べるって、幸せなことだなーって思ったり。ゆとりの象徴?
そして、あれこれこだわらず、淡々と食べられるメニューであるのが一番ですね。



BRUTUS (ブルータス) 2011年 6/15号
触発されて、朝ごはんを見直したくなります。

応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

デンマークのインテリア雑誌2 北欧スタイルはステキ

引き続き、もう1冊買ってきた雑誌のご紹介。
デンマークは北欧だけあって、街中のディスプレイなんかも、すてき~~っと思わせるものが多かったです。国を挙げてデザインで勝負してるんでしょうな。
boligliv01.jpg

この雑誌は前述のものより、クリエイティブ的というか、料理レシピ、テーブルセッティングのノウハウも紹介されててライフスタイルすべてについて提案をしているように思えました。(前述の雑誌と姉妹誌なのかまったく別なのか不明。なんといってもデンマーク語は読めませんで。)

boligliv02.jpg

オサレな人のお部屋の事例なのですが、「静岡茶」って・・・。
日本風はイケてるってこと?
boligliv03.jpg

この方のおうちの間取り図まで掲載。バスタブのタイルの模様が斬新ですなあ。日本的には考えられない。。お風呂のことって「Bad」っていうのかしら・・・。

boligliv04.jpg

この号は、写真のランプシェードみたいに、独創的なものを

boligliv05.jpg

作っちゃいましょーって特集が組まれてました。

この雑誌はwebサイトを持っていて、そちらもなかなか充実している模様。
インスピレーションの源になりますね。

http://www.boligliv.dk/

応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

About me

日々、シンプルにこだわって暮らしています。なぜなら余計なものがないと、 本当に大切なものが見えるようになるから。
ワンルームのインテリア、すっきりした暮らし方について、愛すべき小部屋からつづっています。 (By sansun →プロフィールを見る
▲ウチの間取りもこちらから!

* PR *