チュニジアの朝食

以前ここで紹介したブルータスの朝食特集から思い出したチュニジアの朝食。

ホテルなので一般的な「洋食」でチュニジア風なのかどうかはわからないけど旅先のホテルや旅館の朝食が好きです。
一日動き回る活力となるもの、身体が目覚めることになるもの。やはり、朝食を食べる行為ってとても幸せなんだなと思うのです。

コーヒーにパンに、ジャムとバター、時々ヨーグルトがついてくるみたいなシンプルなもの。こういう簡単なものが旅先だとすごくうれしかったりする♪ 朝ごはん、普段はないがしろにしがちなんだけどね。

20101124-003.jpg


朝ごはんはなるべく作って食べるようにしているんですが、和食にしようと思うとけっこう手数がかかりますよねー。
日本料理ほど3食とも火の通った料理を食べる習慣はなかなかないって聞きますが、どうなんでしょう?

でも確かにご飯とみそ汁と、おかず1品でも作れば、調理器具も食器も洗うのは各3種類。お茶でも入れたらお急須に湯呑も使用。作ること自体は手間かからなくてもやはり・・・。

昔行ったドイツも朝食はシンプルでパンとコーヒー、薄切りのハムとチーズ、エッグスタンドに乗ったゆで卵。民宿ばかりだったけどどこに泊まってもこの組み合わせだったっけ。調理はゆで卵だけじゃん(笑)。
その時にエッグスタンドの実用性に魅せられて、帰国後に買ったのですがなかなか生活に密着しなかったなあ。でも当時を思い出して、今ちょっとエッグスタンドが欲しいです(笑)。殻つきのままエッグスタンドで出てきて、スプーンで殻を割りながら中身をすくうように食べるという。

あと、ハムやチーズは日本と比較にならないくらい安いっすよねー。イタリアもそうだけど。文化の違いとはいえ、うらやましい・・・。
いや、日本人には納豆があるぜー。と思うものの、私はそんなに納豆好きじゃないっていう・・・。


応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sansun.fool.jp/mt/mt-tb.cgi/388

コメントする

« コーヒーブレイク | ホーム | iPod で買い物メモ »

[PR]

About me

日々、シンプルにこだわって暮らしています。なぜなら余計なものがないと、 本当に大切なものが見えるようになるから。
ワンルームのインテリア、すっきりした暮らし方について、愛すべき小部屋からつづっています。 (By sansun →プロフィールを見る
▲ウチの間取りもこちらから!

* PR *