ブルータスの朝ごはん特集

すでにバックナンバーですが、先月私がマッサージ屋さんに行った、施術が終わったあとにお茶を飲めるのですが、そこに置いてあったブルータス。朝食特集がとても気になりました。買おうと思って翌日書店に行ったら、すでに次の号が。。マッサージ屋に行ったのは6月14日だったんですね。惜しい!

でも、AMAZONは便利です。バックナンバーでもすぐ買えます。(BRUTUS (ブルータス) 2011年 6/15号 [雑誌]

20110706-1.jpg

著名人の朝食を公開してたり。田原総一郎さんは20年間変わらず定番を食べてるとか。

20110706-2.jpg

京都の喫茶店のモーニングを特集してたり。このジャムトーストにゆで卵、コーヒーというのがたまりません!
昭和の香り・・・?ってか、私が食べてきた朝食とはなじみのないものだけど、こういう簡単なモノっていいなあって。当たり前にあるもの。あ、和食でもそうだけどね。

20110706-3.jpg
韓国の朝ごはんも。朝からキムチきたーって(笑)。ずっと昔にソウルに行った時、街の食堂でこういうメニューだったなあ。あえてホテルの朝食じゃないのを食べようって出かけて。

20110706-4.jpg
アメリカ。アメリカには実は一度も行ったことないんですけど、子供の頃に家にあった雑誌「暮らしの手帖」で、アメリカの朝食特集というのがあって、その印象がいまだに強い。もちろん、パンケーキの(笑)。今はパンケーキがどんなものかわかるけど、あの当時、「ホットケーキ」はあったけど、「パンケーキ」ってなんぞや、「クレープ」とも違うのか??ってものすごい興味深々だった。

朝食って、食事の中でもすごく「暮らし」が現れるものだと思います。
朝ごはんをちゃんと食べるって、幸せなことだなーって思ったり。ゆとりの象徴?
そして、あれこれこだわらず、淡々と食べられるメニューであるのが一番ですね。



BRUTUS (ブルータス) 2011年 6/15号
触発されて、朝ごはんを見直したくなります。

応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sansun.fool.jp/mt/mt-tb.cgi/377

コメントする

« 本棚が終わった・・・賃貸の作りつけですが | ホーム | 案外悩む、本を捨てるか手帳を捨てるか »

[PR]

About me

日々、シンプルにこだわって暮らしています。なぜなら余計なものがないと、 本当に大切なものが見えるようになるから。
ワンルームのインテリア、すっきりした暮らし方について、愛すべき小部屋からつづっています。 (By sansun →プロフィールを見る
▲ウチの間取りもこちらから!

* PR *