2011年5月アーカイブ

狭いキッチン収納 改革最終章?お米救助作戦

だんだん湿気のある季節になってきました。
ウチのせま~いキッチンで、ちょっと事件がありまして3月くらいだったかなあ、、、それほど湿った気候じゃないはずなんですが。
ウチはお米を実家から送ってもらってるんですが、大体5キロ届くんですね。で、今持っている米びつが3キロ用なので、残りは袋のまま少し置いておいて、米びつに補充していくスタイルをとってます。
で、その日、補充しようとしてザーッとお米を入れると「青黒い!!」。やられました。カビだと思われ。その時は、シンク下に米びつを置いていました。湿気がある場所とはわかってはいましたが。でもやられたのは初めてかなあ。
そんなわけで、雨季に備え、調理器具も含めて大移動です。

ちなみにウチのキッチンはこんなんです。
20110529-6.gif
↓お米を移動したあとのシンク下(場所:C)。調理道具だけになりました。
20110529-1.jpg
お米はコンロの下のスペースに。収納ケースの上にあるけどそのまま置くとケースがしなってしまうので、カッティングボードを横に渡して重さを支えてます。3キロあるしね。(場所:E)
20110529-2.jpg
上の棚は実は使いづらいんですよ。上の段は手届かないしさ。ひとり暮らしの身では、普段使わないものなんて持ってないと思うんだけど。普段使わないもの=客用食器一式とか?お米を置くのもアリだけど、あまり重いものを上に置きたくないです。地震とか気にすると。
だから上がスカスカ、下の段だけ使ってるような状態です。(場所:B)
20110529-3.jpg
通勤しなくなってお弁当を作ることもなくなったから、お弁当箱も上段行き(笑)。あと、人が来た時用に大皿を買いたいので、そうしたら上段の使い道ができそう。(場所:A)
20110529-4.jpg


[ PR ] ELLE マリン風ボーダーロングスリーブカットソーをプレゼント!

応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

今月のmadame FIGARO 狭いキッチンが素敵

今月のマダムフィガロの特集が、キッチンのインテリア。
印象的な記事があったので、ちょこっと紹介です。

おフランスの雑誌がもととあって、パリのキッチンの実例が多く紹介されてるんですが、その中で料理研究家の女性のキッチン。畳半畳ほどなのが衝撃!設備としては、ミニオーブンはついてるもののコンロはポータブルのものですって!

おいしい料理は調理道具やキッチンの広さとは無関係!というのもわかってますが・・・。見習いたいものです。
しかも、この方の住まいは21㎡ですって。ウチよりも狭い。。それでも2名一組限定でしばしばプライベートレストランを自宅で開いているそうです。ステキな発想だわ。

20110527.jpg

インテリア以外にも、キッチンツールや食器も多く紹介されてます。今、すごく料理関係に興味があるのでなかなか参考になります~。

応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

捨てたモノ:ハンガーラックはリサイクルショップで300円

このところは収納スペース全体の整理してます。ちょっとモノ作り素材なんかの置き場を機能的にして、作業しやすくしたいので。

で、クローゼットを改造。これは押入れみたいに中段があったのだけどはずしてしまって、ハンガーラックを中に置き、クローゼットのように使っていました。理由としては、丈の長いコートや冠婚葬祭なんかのドレス類をしまうため。

もう1か所、作り付けのクローゼットはあるのだけれどもそこは日常着だけを入れて服を選びやすい状態にしておきたかったので、日常着以外はここに入れてました。吊り下げておくと楽だし。マットレスも縦置きで収納してました。
20110523-1.jpg

服類を取り出した状態。

この中にあるダブルのハンバーラックは、いらなくなったので、近所のリサイクルショップに買い取ってもらいました。300円なり。粗大ゴミでめんどうな手続きと出費をするよりずっとイイネ。
コート類もたためるものはすべて箱に仕舞い、普段手の届かない上段に収納。はずした中段は元に戻しました。
20110523-2.jpg

まあ、こんな感じですかね。下段は下着や靴下、衣類関係の小物などを引出しに収め、上段はシーズンオフの衣類。

ぽっかり空いた真ん中のスペースはこれから考えていく場所。

応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

モンブランの万年筆

ふと万年筆のことを思い出した。先週、お礼状を書くことがあってすごく久しぶりに「筆記具」を気にかけたからかな。(その時は手元にあった一番書きやすいボールペン使ったけど。)

唯一持っている万年筆とは、20ウン年前に高校入学祝いで親類からいただいたもの。モンブランというブランドはその時初めて知りました。当時はそっけないデザインだな~と思っていたけど、持ちやすいし書きやすい。その頃は、メールとかなかったから手紙もよく書いたし、日記もこれで書いてました。

20110522.jpg

そのうちインクの出が悪くなってきて、たまに洗ってみたりしてたけど、最終的には書けなくなりました。
放置すること数年。。今の家にあるってことは、数年前にまた使おうとして実家から持ってきたってことだよね。それでも復活できず、また放置。今はこのシンプルなデザインが好きになったので残念に思ってました。
お店に持っていって直してもらおうかな・・・などと考えつつ、ネットで今更ながら、万年筆のお手入れについて調べてみる。

「首軸を水に一晩つける・・・」。なに~~?!初耳。
さっそくやってみる。たまたまコップサイズの空き瓶があったので、ぬるま湯を入れて首軸をドボン。ペン先からうっすらインクが流れてきます。
数時間してから見たら、水は真っ黒(インク色)になってました。こんなに詰まってたのね・・・。

その後洗い流して、よく拭いて新しいカートリッジをつけてみる。
そしたら、きれいに書けるようになった~~~!ああ、こんなことも知らずに雑に生きてきたのね・・・。今後はきちんとメンテしますわ。もうここまで来たら、生涯使っていこうと思います。

ちなみにこの万年筆について調べてみました。ノブレスというシリーズらしい。モンブランといえば、高級品だけどこれは廉価版で若い人対象だったのかな。すでに絶版でデッドストックの価格の方が高いらしい。当時の価格は8000円ほどだった模様。バカ高くはないけれど、筆記具にそれだけの金額使うって想像したこともなかったな。筆記具なんて使い捨てって思ってたほうだから。

長い年月の間に絶版になり、もう変わりは手に入らない。すっかり自分のモノになっている・・・。こういうモノとのつきあいっていいなあと。

【余談】
先日、40代半ば以上の友人たちと話していたら、「オッサンになると筆記具にこだわる!」という話になっていたのも思い出した(笑)。友人曰く、「急に万年筆とか言い出して、そのうち紙にもこだわり出すのよ。それってオッサンだから!」と仲間のオッサンに突っ込み。その時は爆笑してましたが、あれーオッサンですか?紙にこだわりたくなった自分がいます(笑)。

応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

高円寺でタイルみっけー!

以前、買ったチェストの天板にタイルを貼ったら1枚足りなかったという記事を書きました。

ちょっとしたDIYでオリジナル感を

このタイルは以前住んでた町屋の雑貨屋さんで扱っていて、コツコツ買い集めたもの。
自作のワゴンの装飾につかってましたが、そのワゴンを処分したので、今度は買ったチェストの天板に利用することにしたのでした。1枚足りなくてネットでも探してみたのですが、見つからなかった。もちろん買ったお店でもすでに扱ってなかったです。それが、先週、高円寺に出かけた時にふらっと入った雑貨屋にあるじゃないですか!!!

こんなこともあるのね~。
最後のピースが埋め込まれました。

20110517.jpg



応援クリックよろしくお願いします!
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
人気ブログランキングへ

About me

日々、シンプルにこだわって暮らしています。なぜなら余計なものがないと、 本当に大切なものが見えるようになるから。
ワンルームのインテリア、すっきりした暮らし方について、愛すべき小部屋からつづっています。 (By sansun →プロフィールを見る
▲ウチの間取りもこちらから!

* PR *